出来たー③\(^O^)/

d0014133_19473730.jpg

たったいま、近くで火事騒ぎがあり、なんだか落ち着かない状態。
なんと「誤報」だったそうです(^_^メ)オイコラ

でも本当に火事ではなくてよかった、としときましょう・・・・

そして、ようやく次回のコンサルタントの資料が完成。
なんとかPCにて文章を作るのが人並み程度にはなってきたのか、前回の
半分の時間でできました(^^♪

今回のテーマは少し細かいところまでつっこんでいくので、実際に
資料よりも口頭での説明がメインになる予定。
でも「苦しいときの・・・」資料頼り。
ないと私が不安なんです。
ええそうなんです。
アーもう、次から次へとやることがでてくるわ、でてくるわ。
責任者はでてこないわ。のてんやわんやです。

こんなとき「どこか遠くへ・・・・・」なんて逃亡したい気持ちがでてくるワタシ。
いけませんねえ・・・・・・・うう。
# by muraccho0315 | 2005-05-17 19:47 | お仕事

そして結果は・・・

昨日は飲食店への「ワインメニュー」についてのコンサルタントでした。

私が「大変」お世話になった先生からの
「直々」
のご紹介なだけに、本当に前日は摂生しました。
だって当日にさ
「二日酔い・・・・・・・・・」
なんてことになってたりしたら\(゜ロ\)(/ロ゜)/エライコッチャ
なんで。(当たり前さー)

そしてどうなったかというと。

私にも分かりません。
結局はそのクライアントさんが「やる・やらない」を決断しないといけないので
できることはここまでなんです、と言われました。

そうかそうか。そりゃそうだ。
その手前までの道筋を、示すことが「アドヴァイス」なんですね。
願わくば、オーナー様に少しでも「ワインはおいしいぞ」という気持ちが伝わっていれば
いいなあ。
だって、そこのお料理は「すごく」おいしかったんです。お世辞なしに。
単純に、おいしいものとお酒はオトモダチですから、というのが私の持論(というか飲む口実)
でも、2時間がすごく長く感じました・・・・・^^;
なんか、大学の教育実習を思い出しました。
# by muraccho0315 | 2005-05-17 17:54 | お仕事

メニュー16

d0014133_17252714.jpg

「ミニッツステーキ」   500円。
その名の通り「一分で焼ける」ステーキです。
まあなんてステキ・・・・・・・・・(つっこみ待ち)

やっぱりワインには「肉」。これは譲れないでしょう!!!
薄切りにした上質のお肉をさっと焼いて、仕上げには定番の赤ワインソース。
付け合せにはボイルした野菜を。

こんなのがたちのみで食べれたら・・・・と思ったメニューです。
うわあ、パンがほしくなる。
# by muraccho0315 | 2005-05-17 17:25 | menu

はこのなか

d0014133_1957264.jpg

はこ。
いわゆる設計図です。
お店を作るには、まず設計図ありき。

そんでもって、理想の広さ(10坪)で、何パターンか書いているところです。

それがまた、難しいこと(^_^;)
プロの人に言わせれば
「そんな朝飯前のことに時間かけている余裕あるの?」
と言われそうですが(なんとでも言ってください・・・)
私たちは
「一般人ですから」

と、開き直ったところでぱぱっと図面が引けているわけでもないし。
そうしてせこせこやっているんです。

あの美大生の「長椅子君」がちょこん、と並ぶ姿を想像しながら。
# by muraccho0315 | 2005-05-16 19:57 | お仕事

生まれて始めて物語

今から私の人生史上
「初」
の、お仕事に行ってきます。

自分の名前でやる、初めての仕事です。
今までは「どこそこの・・・」という冠詞がついていましたが、今回は
そうではなく、個人としてのお仕事です。

うう、緊張・・・・・・
はっきりいって「緊張してますからーー」

そのために昨日はお酒も飲まず、早く寝て、今日は早く起きて。

どうなるか、また夜の記事にてご報告。
# by muraccho0315 | 2005-05-16 13:36 | お仕事

言葉

言葉にして伝えること。
最近よく考えるテーマです。

例えば、自分が伝えたいなあ・・・と思ったことは、100パーセント正直な
気持ち。もしくは100に限りなく近い状態。

でも、言葉にして出てきたらそれはどこまで100に近い「気持ち」なんだろう。

今日、ある人にとても伝えたいことがあって。
でも、それは私のなかで20も伝わらなかった。
かえってメールの方が伝わったりする。

うちで出すお料理や、おさけによって
一体どれくらい、私たちが伝えたいことはかなうのだろうか。
「スローフード」
という概念。それがどこまで表現できるのでしょう。

何かを造る人は
きっと正直なほど、いい。

そんなことを想いながら、今日伝えたかったことを思い起こして
頭のなかで箇条書きにしてみる。
うーーーん、もどかしい・・・
# by muraccho0315 | 2005-05-16 00:30 | プライベート

春ボジョレー

d0014133_1640780.jpg

この間の休みに買ってきたワインです。
「ルイ テッド ボジョレー 2004」

いわゆるボジョレー地区で造られているワインです。
もう少しランクが上になると「ヴィラージュ」という名前になったり、村名がついたりします。

この造り手さんはけっこう古くからの歴史を持っていて、この独特の瓶のかたちも、昔の
復刻版です。
その当時は「計り売り」が主流(今もですが)で、フランスの人たちにとって
ボジョレーとは「安酒」のイメージが強く残っているみたいですね。

そんなイメージのお酒を日本で大ブレークさせたのは「ジョルジュ デュブッフ」という
おじいちゃん。
サントリーの輸入している造り手さんですが(お花のかわいいラベルでおなじみ)、最近
電車のなかで
「春ボジョレー」
として、広告を打ってましたね。たしか母の日の週です。
確かにヌーボーよりも、この時期にリリースされているものは、味わいは落ち着いていて、香りも香水のようにきつくなく穏やかになっていて、お食事にすごくあわせやすいワインでした。

そうなんです。
ボジョレーって、すごく使い勝手のいいワインなんです。
味わいも初心者から、のんでいる方まで納得できる品質ですし、あとは軽く冷やして飲むとおいしいので
オールシーズンいける赤ワインですから。(夏はおもたーい赤はちょっと・・・・)

安酒でも、日常にとけ込めなければ売れませんよね。
それはあらゆる商品に対して言えることなんです。きっと。逆もまたしかり。
# by muraccho0315 | 2005-05-15 16:40 | プライベート


いろいろな人たちの「夢」の立ち飲み屋にまつわる、困難で、楽しい道のり                 目黒区自由が丘2ー14ー19 2階 03ー3724ー1199 18:00ー02:00 日休


by muraccho0315

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お店のご紹介

フリーターながらも
念願の開業を果たし、さらにしひたすら進んでいる2人+31人の、熱く
すこしほわんとした日誌。

2006.8・22 自由が丘に開業の
「たちのみ あつまり」公式ブログです。

看板やロゴの制作、承ります。

***********
目黒区 自由が丘 
2-14-19 2階
「たちのみ あつまり」

18:00-翌2:00 
03-3724-1199
日休み
muraccho1977@yahoo.co.jp
***********

・知り合いのおむすびやさん。
配達などやってますよ。
おむすび家とんじき            


・・・・・・・・・・・・・・・
かなりためになる、写真も鮮やか、ぎずもさんのブログ。
ワンコイン的食べ歩き生活。

・・・・・・・・・・・・・・・

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル