<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

持つということ

d0014133_1215145.jpg

初鰹、フルーツトマトと金柑を添えて。700円。
塩でしめたカツオと野菜のコントラスト。
金柑は風邪にも効きますからね。


「もの」。

最近実感します。
人により価値観がかわりますね。
よく思うのが自転車について。
私は自転車乗りませんが、高い自転車を乗る方は大変そうです。
盗まれないように、目の前に置く。
きちんと駐輪場を借りる。チェーンで対策、などなど。

何が困るかというと、置場所ですかね。

私の実家の近辺ではよく盗まれたり、空気抜かれたり、サドルなかったりしました。

サドルだけどうするのかな、と思っていたら
「その人もサドル、ないんだよ」
と父。
なるほど。

まあ、持ってしまった苦労を垣間見るのが「もの」なんでしょうね。
by muraccho0315 | 2012-01-31 12:01 | プライベート

地味と滋味

d0014133_2155163.jpg

キャベツとアンチョビ。350円。
キャンディキャンディ、ではなくてキャンディキャベツという甘いキャベツ。
アンチョビの塩加減がまたいいのですよ。


今日は何回かタイミング悪く(当日予約する方がいけないのですが)、行けなかったお店へ。

ハラペコペコな私を満足させることができるかな、明智くん。

果たして。

いやー、おいしかった。

素材の味がビシバシ。

目をつぶっていても、多分(多分ですよ)わかるかも知れない気がするような、しないようなゴニョゴニョ…。

家庭の味って、こんな味?という感想。
特にアレをこうしたものとか。
相方は純粋に日本人ですが、知り合いのおばあちゃんを思い出したそうです。
私は変なんですが…。
筑前煮。
ほくほくしたおいしさ。

外食では、なかなか穏やかな味は受け入れにくい昨今。
頑張って欲しい。
私も頑張って働いて、また行きますからね!
by muraccho0315 | 2012-01-30 21:05 | プライベート

生で食べること

d0014133_13312323.jpg

本日のスープ。650円。
スープとパンで、フランス人。
汁物は体がほこほこします。
これはスズキ、タケノコ、ホワイトアスパラガスのスープ、トマト風味。

逸品です。

野菜、食べてますか?
プロレスラー風に言うと
「野菜、食べてますかーーーーーーーーーーっ?」

まあどちらでもいいです。
野菜は生で食べることが多い食材ですから、当然食感や鮮度を見てしまいます。
そんなこと言ってもあまり生で野菜食べない私。
天ぷら>煮物>サラダ、の順で野菜好きです。
しかし。
どうしても油が多い方が美味しい、と感じてしまうのは…。

うわーん。
by muraccho0315 | 2012-01-27 13:31 | プライベート

ラーメン

d0014133_1165414.jpg

タラコとベーコン、じゃがいものクリームグラタン。750円。
寒いからか、グラタン大人気。
ちょっと時間がかかるので、気長にこんがりをお待ちください。



ラーメン。

それは、甘く熱い誘惑。

それは、グループサウンズ「タイガース」のメンバーに、岸部シローがいるくらい、気になるもの。

それは、どうしても日付が変わったら食べたくなるもの。

ああ、今週は二回やってしまった…。
by muraccho0315 | 2012-01-26 11:06 | プライベート

見かけ

d0014133_1495258.jpg

ローストビーフサラダ.
700円。
たっぷりのローストビーフ。
サラダ仕立てにしているのは、少しでも罪悪感を薄くするため…か?


よく聞かれるのが
「コーヒー飲むときは、ブラックがやっぱり通らしくみえますか?」

うーん。

「まあ、お好みで血糖値上げたり上げなかったりしていいと思いますよ」
と答えたりします。

通。

「ビール飲むときは黙って飲むのが男じゃけん」
とか
「カーディガンを肩にかけ、首辺りで結んでいると業界の人みたい」
や、あとは
「ワインぐるぐるグルタミン酸くらい回していると、通に見えなくもない」
など、特徴的なしぐさや見かけ、あります。
最近は少なくなりましたが、車内でやけに難しい顔して文庫本読んで
「…ふっ、俺は若いウェルテルくらい悩んでいるのだ…」
と一人悦に入った人を見かけたものです。

マスターはよく
「とても飲食店の人に見えない」
と言われるそうです。

何がそうみせているんでしょうか。
by muraccho0315 | 2012-01-25 14:09 | プライベート

胃の気持ち

d0014133_12243168.jpg

やっぱり撮り直しました。鮮魚のタルタル。550円。
薬味をふんだんに混ぜ、トンプリをトッピング。
トッピン・グ〜。

昨日は相方がミス。
昼も夜もフレンチ。

そりゃ、さすがに胃が悲鳴をあげますよ。
「ひえ〜、またフォアグラかいなダンナ。」
「あらー…肉食べ過ぎかいな。またワイン頼む、あ、頼んだしかもボトル?」
「川口ひろしの白蛇探しの話の最中に、なぜ11PMのエッチな話に切り替えたがる?…フフフ、ダンナ。男よのう…」

以上、マスターの胃へのインタビューでした。

果たして収穫はあったのか?それは本人に聞いてみてください。
by muraccho0315 | 2012-01-23 12:24 | プライベート

心では重すぎる

d0014133_0152013.jpg

生ハムとお野菜のクリームニョッキ。950円。
なんと!
焼きそばがない、という胃袋の緊急事態に対して、特別に作ってもらいました。
おかげさまで胃袋の機嫌は(^O^)に。


最近。

自分の未熟さから、意志の疎通は難しいなあ…と反省することがありました。

心なんです。

でも、心だけだと重すぎるんです。
(ちなみに、題名は大沢在昌さんの小説から)。
人間は言語を持っているのだから、それを使わないコミュニケーションというのは、時には相手に負担をかけることになるかもしれないのだなあ。

「ガウガウ!」
「アオウン〜」
「ガウガウガウガウ?」
「アオウン〜アオウン」

……。
全く意味わかりません。

でも、それに近いコミュニケーションって、案外やってるなあ、と反省しきり。
by muraccho0315 | 2012-01-21 00:15 | プライベート

雪の降る街

d0014133_15493650.jpg

和牛のグリル、サラダ添え。
アレンジ品なので、いくらになることやら。
フランス人になった気持ちになったのは、気のせいか。


乾燥してます。

なんでも1か月以上、都内はまとまった雨が降っていないようです。

乾燥していると、比較的温度が下がらずとも雪になる確率が高くなるそうで。

去年はバレンタインの夜から、積もるくらいの雪が降りました。
アツマルの店長と雪合戦をして、ふたりして風邪をひいたのはもう…。ルルルー…。

朝、起きて。

一面真っ白け。

「うう!…雪の純粋な白さに目が焼かれるぜい…」
と、ない前髪をかき分けるのはマスター。
「雪!雪!ゆーきー!(ツルリッ!)ギャア!」
と一目散に飛び出し、目から星がでながら転ぶのは私。

雪はわるいやつじゃない、と思うのは関東育ちのゆえですかね。
by muraccho0315 | 2012-01-20 15:49 | プライベート

語学そのあと

d0014133_13555369.jpg

ホワイト&グリーンアスパラガスのマヨネーズ。
焼いて塩と胡椒でもいけます。350円。
ホワイトアスパラガスは缶詰めの白いやつから考えると、びっくりするくらい味が違います。

ドイツでは白のほうが一般的なようです。

ドイツといえば。
語学をテーマにした記事を書いたあと、友人と食事。
その際
「え?あれはネタで書いたのではなく、マジボケだったのか?!」
となりました。

ドイツ。
英語ではドイッチャランド。

以上。

「…普通はジャーマニーかジャーマン、じゃない?」
おおお神よ……。

ジャーマンポテトを忘れるとは、なんたる不覚。
by muraccho0315 | 2012-01-19 13:55 | プライベート

センスなのか?

d0014133_974358.jpg

ちょっとボケてますが、鮮魚のタルタル。700円。
プチプチしたトンブリが贅沢な感じにセレレガンス。

ずっと読んでいた作家さんがいて、このところ久しぶりに買いました。
たまにはエッセイも読みましょう。

今回のエッセイはずばり、テーマは温泉。

温泉といえば
「ババンババンバンバン」「腰に手を当てて瓶牛乳」「卓球」
「しっぽりかぽーんこ、混浴ですかあ!ムフムフ」
なんて楽しい思いが入れ替わり立ち替わり。

日本人にはまさに遺伝子に語りかける単語でしょうね。

その本も面白いのですが、読んでいて
「…なんか、文章、明らかに影響受けてるわ…」
と気づきました。

例えば
「……」
とか、よく責任者を呼びつけるのとか(実際には呼んでません)、キークヤシイ!とか金切り声をあげるのとか。

何で読み始めたのかはさておき。

20代の私に影響を与えた作家さんだったのね…。

あ、あと
「うーんマンダム」
も、影響受けてるわ。

オリジナリティある文章というのは、なかなかどうして書けるものではないのですな。
by muraccho0315 | 2012-01-18 09:07 | プライベート


いろいろな人たちの「夢」の立ち飲み屋にまつわる、困難で、楽しい道のり                 目黒区自由が丘2ー14ー19 2階 03ー3724ー1199 18:00ー02:00 日休


by muraccho0315

プロフィールを見る
画像一覧

お店のご紹介

フリーターながらも
念願の開業を果たし、さらにしひたすら進んでいる2人+31人の、熱く
すこしほわんとした日誌。

2006.8・22 自由が丘に開業の
「たちのみ あつまり」公式ブログです。

看板やロゴの制作、承ります。

***********
目黒区 自由が丘 
2-14-19 2階
「たちのみ あつまり」

18:00-翌2:00 
03-3724-1199
日休み
muraccho1977@yahoo.co.jp
***********

・知り合いのおむすびやさん。
配達などやってますよ。
おむすび家とんじき            


・・・・・・・・・・・・・・・
かなりためになる、写真も鮮やか、ぎずもさんのブログ。
ワンコイン的食べ歩き生活。

・・・・・・・・・・・・・・・

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル