カテゴリ:お仕事( 184 )

辞めるまでに飲んだワイン議事録

前にも職場のワインがほぼ入れ替えになって
そのことで私の退職時期が(パートですがね、所詮)ずれ込んだお話はしましたが。
さて、いざ並んで
「お客サマ、どうですか、いらはいいらはい」
となっても
「!!知らないワインがある・・・・あ、これもそれもあれもどれもうきー!」
となっていたのは、私でした。

んで、相方にご協力頂きまして
「辞めるまでに飲みたいワインを買ってこよう。」
となり、まずは第一回。

d0014133_13471228.jpg

コート デュ ローヌ 「スピリット・オブ・ザ・ウッドコック」  

いわゆる「ローヌのワイン」なんですが、実はもう少し狭い地域の名称も
名乗れる、自ら1ランク落としたという、なんかかっこいいワインです。
造り手はドメーヌ・ド・ロカリエール。ジョイントはあの名手、クリストフルの手がける「モルドレ」です。
何がすごいかというと、ワイン評論家のセラーには、この人の造るワインが常備されているそうです。
・・・・伝わりました??(汗)

味わいはというと、ここからは完全なる私見。
「イチゴのような酸味のある香りと、ほこりっぽい香り。若干樽のニュアンスもある。
味わいはとにかく熟したプルーンのような凝縮感と、舌の上にいつまでも残るコク。
決して渋みがないわけではないですが、それを隠すくらいの果実感。
一瞬カリフォルニアワインのようです。
フルボディ、しかも開けてから2時間でも味がへたらない。
これは、買いです。」
by muraccho0315 | 2006-02-06 13:55 | お仕事

春の予感

八百屋は四季に富んでいます。

イチゴもいいけど、いまなら出始めのいよかん。
あまくておいしいですよ。

うども立派なものが出てきたし、タラの芽とかの山菜も出始めてます。
そうそう、きんかんもありますね。
私は生のまま食べることを知らないで、店長さんに「???」
とハニワ顔をされました。
いや、きんかんは甘く煮るか、お酒ですよ。
でも、そのままでも皮が甘くて、上品でした。

d0014133_156936.jpg
昨日買ってきたのが、これ。
そのまま、野菜スティックみたいに頂きました。

春の足音が聞こえてきたようです。
by muraccho0315 | 2006-02-03 15:07 | お仕事

人を動かすのは、やはり人。

昨日は午前サマ。
というか、帰ってきて「ブーン」という、新聞配達のバイクの音を聞いて
「げげっ!これでは店長が市場に行く時間だ・・・」
と、なんならそのまま一緒にトラックに乗って築地に行って、おいしい
おすしでも食べてこようかな、という勢いのまま、寝ました。3時間睡眠はきつい。
「もう年ですね・・・フフフ」
という、相方の目が,少しイタイ今日の朝。

私が働いているスーパーで
ワインのアイテム入れ替えが行われるんですが
昨日、その新アイテムリストを見てびっくりしました。

「これを入れるとは、おぬしも通よのう・・・」
と、思わずひざをたたいて小躍りしたくなるくらい(ほんとはしてました)に
「好いアイテム」
がずらり。失礼ですが、今の状況とは天と地ほどの開きがあります。はい。
なかでもたびたびこのブログでも紹介している
日本のワイン
が何種類か、リストオンしてるんです。これには正直、参りました。

うちのたちのみは「日本一、日本のワインを売るたちのみ」を目指しているので
それはもう同志を得たような、このリストを作った人に感謝しました。

実はそのお店、今月一杯で辞める予定なんです。
でも「どうしてもこの売り場を作りたい。・・・うー、作りたいんです見たいんですえーん」
という思いにかられて、ついには上司に相談してしまいました。

「あのー、続けたくなってしまったんですけど・・・」

もともと物件がまだ見つかっていないので、辞めなくてもいいんですが
まあいろいろと×10くらいありまして、辞める方向でいたんですよね。

それがどうです。
私は、売り場は人に語りかける力を持っていると信じてます。
きちんとすれば、きちんと伝わる。
なんでこれを置いているのか、明確なほど商品のよさが伝わる。
そんな単純なことですが、がんばってこのリストを作った方の思いは
思いっきり伝わりました。

正直、泣きました。ぽろりと。
上で一生懸命、仕上げたひながたを、売り場の人間がバックアップしないなんて
どうしてもできなかった。
そのまま辞めることが、出来ませんでした。

「この売り場を見て、完成形なんじゃないですか」
上司はそう言ってくれました。

つまらな人のしがらみにとらわれていたことを解決したのは
単純な、人の努力の成果でした。
by muraccho0315 | 2006-01-19 14:57 | お仕事

あしたの朝は

七草かゆを食べる日ですね。
結婚するまではなんだか祖母が作っていました。
子供心に
「・・・なんじゃこれは、苦いのう」
と思い、もそもそと食べてたことを思い出します。

d0014133_13535432.jpg
働いている八百屋さんで買いました。
去年は風邪にてつらい思いをしたので、今年は無病息災を願って。

でも、七草。
全部憶えてますか?みなさん。

セリ・ナズナ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ・・・くらいしか憶えてませんでした。
反省。
by muraccho0315 | 2006-01-06 13:56 | お仕事

お仕事柄

一応私は資格を持っていて
ワインと日本酒に関するものなんですが、まあ詳しいことはあんまり言えません。
言えないんです。言いたくないの。

んで、接客業ですから
当然おきゃくサマに聞かれることも多く
「これはおフランスのシャトーなんとかでございますの。」
とか
「これはこの年ならではののみ頃でございます」
という接客・・をしたいんですが、なかなかどうして。神様は見ていた。

「このワイン、どれが甘口?」
と、赤Dポートワインの前で聞かれたり
「これは赤ですか?」
と、シャブリについてご質問されたりします。
あとは
「スパーリングワイン、どれですか?」

・・・・・・・
正確に言うとそんなものありません
スパーリングって、ボクシングの世界じゃないですか?
正しくはスパークリングでございます。
いや、けっこう多かったんです。スパーリング。

もちろん笑いませんが、ここで軽くネタになっていただきました^^

d0014133_13533842.jpg
日々の勉強も欠かさず
まにあっくなお客サマに対応すべく、まずは酒全般の知識を補給。
「世界の銘酒事典」  講談社



d0014133_13543313.jpg
ソムリエ張りのトークも勉強しなくてはいけないぞ、と。
「田崎真也のワイン、味わいのコツ」  柴田書店



d0014133_13555222.jpg
土壌の違いとか、かなりワインオタクな方に対抗するなら、これです。
「ワールド アトラス オブ ワイン」   旭屋書店


私の懐刀です。
by muraccho0315 | 2005-12-29 13:58 | お仕事

売れてます、チルドビール

最近発売になった「チルドビール」。
K社とA社のものを比較テイスティングしました。

d0014133_14251618.jpg
個人的にはK社の方がおいしかったですね。
A社のものはなんか、いまいち
「酵母はいっとるんかい」
と、責任者を呼びたくなる気持ちになったこともないような。



売れてるんですよねー。このシリーズ。
増税で「ビールは値下げ」になりますがね。
かわいそうに、えんどう豆軍団は増税。
いたちごっこですよね。これは。

そこで、病み上がりの私が無理して飲んであげよう・・・
と言う気持ちにならないほど、今回はグロッキー。
by muraccho0315 | 2005-12-16 14:29 | お仕事

気軽にはじめたバイトで・・・

私が唯一
「ああ、この人が師匠なんだなあ・・・」
と思う人がいます。
その人は某大田区で某コンビニをやっていますが。

前にも書きましたが
そのコンビニの本部が開催する

「スタッフフォーラム」

にて、前回日本一になったお店が
フリーの求人誌に載っていました。
まあ本部の出す、合同の募集の1ページぶち抜きで。

「気軽にはじめたコンビニバイトで  日本一になっちゃった」

そうだよなあ。
なんたって
「一生のうちで何回、日本一になれるんかいな」
と、私なんか思うしなあ。
自称ならありますよ。
「日本一コックを愛する」

「日本一うちのロゴを書くのがうまい」
とか。

うれしかっただろうなあ。そのお店の子達。
続け、大田萩中3丁目店。
by muraccho0315 | 2005-12-09 00:15 | お仕事

昨日は飲み会でした。

昨日は仕事が終わって、久々に上司の方と、美大生Aくんと飲みました。
といっても
なんかとっても、いやむしろデートに使うような雰囲気のお店
だったので、いつものように
「あんちくしょう、べらんめい」
とか
「とにかく、仕事して欲しいものですわですわ」
とかいう話をしないほうがいいかなあ・・・と自制(したつもり)。

Aくんの話になって
なんか若いっていいなあ、としみじみしました。
彼はとにかく、気持ちまっしぐら派。自分ではいろいろ自重したりしているようですが
いやいや、やっぱりある程度まで行くと好きなことに目が入ってしまう。
女の子とか(ウソ)絵の話とか。うちのあつまりの話とか。


上司が「バカな人が好きだな」と言っていたのも
次の日に頭いたくなるくらい飲んでいても覚えてます。
うちはきっとバカなことやってるんですよね。
だからぐちぐちうるさい私のことを、面倒見てくれているんでしょうか。


きわめてクレージー。
でも、はじめから「できない」とだけは思ってない。
その拍手したいくらいの自信は何処から来ているか、不明。

飲食店はバカにされやすい。いわゆる3Kノ職場。働く人もけっこういいかげんだったりする。
でも、働いている人には少なくとも「この職業もいいなあ」と思って欲しい。
まずは、うちの店からはじめようじゃあないか、と今にいたります。

そんなささいな想いからきているのかも。
ずっと、働いていて感じていた憤り。
ずっと、夢に見ていた地平線。
by muraccho0315 | 2005-11-28 14:03 | お仕事

さすがに頭に来た。

今日もせっせと八百屋さんにてお仕事。
いいお天気で、焼き芋も順調に売れて。

そんななか、一人のおばさんによって
「八百屋のけだるい雰囲気がくずれました」から・・・

まあ「運が悪かったね」というところなんでしょうが。
いちいち難癖を付ける(しかもたいして買わない)おばさんが来ました。
なんだったかというと・・・
①釣り銭を「少ない」と文句を言う(実際は手のひらにあった)
②ごぼうを切ったら「思った長さじゃない」と文句。(でも自分で指図した長さ)
③いちいちレジに来て(4,5回に分けて買う)そのたびに袋に入れろ、と言う。
④これ以上はない、と言っているのに大きな袋をくれ、と言う。(実際はおんなじ大きさののもを渡しました)

・・・・
まとめて買ってくれ。忙しいんです、うちも。
すいません、愚痴りました。
by muraccho0315 | 2005-11-24 15:30 | お仕事

beaujolais nouveau  2005 NO,2

さて、昨日は
「前年を上回る売上」
となり、うれしくってバイトの子を引き連れて(なかば強引)
中華を食べてました。えへ。^^

さて、もうひとつ、いちおしがあります。
まあ扱えなかったんですが、なんと近くの酒屋さんで売ってました。

マルセル ラピエール ヌーボー

これはちょっとへんくつそうな親父が造っている、ビオディナミワインです。
まあ有機栽培とも、少し違いますが要は
「ぶどうになるべく負担をかけない栽培」
をするんですね。それこそ、月の満ち欠けまで気にしながら収穫したり。
「おおお、今日の夜はいい月がでるぞお!ふんふん。」
と、フランスの親父たちはいろいろと繊細に気を使ってあげるわけですね。

いちおし、その2です。d0014133_14272625.jpg

ヌーボーで「ビオ」はあまり見かけないんですが、これはもう
「神様」
と言われるくらい、その世界では有名人。(いや神サマ)。
by muraccho0315 | 2005-11-18 14:27 | お仕事


いろいろな人たちの「夢」の立ち飲み屋にまつわる、困難で、楽しい道のり                 目黒区自由が丘2ー14ー19 2階 03ー3724ー1199 18:00ー02:00 日休


by muraccho0315

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お店のご紹介

フリーターながらも
念願の開業を果たし、さらにしひたすら進んでいる2人+31人の、熱く
すこしほわんとした日誌。

2006.8・22 自由が丘に開業の
「たちのみ あつまり」公式ブログです。

看板やロゴの制作、承ります。

***********
目黒区 自由が丘 
2-14-19 2階
「たちのみ あつまり」

18:00-翌2:00 
03-3724-1199
日休み
muraccho1977@yahoo.co.jp
***********

・知り合いのおむすびやさん。
配達などやってますよ。
おむすび家とんじき            


・・・・・・・・・・・・・・・
かなりためになる、写真も鮮やか、ぎずもさんのブログ。
ワンコイン的食べ歩き生活。

・・・・・・・・・・・・・・・

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル