歴史を味わう(-_-)

d0014133_16401158.jpg


今月は、スーパーのほうで
「賞与」
が支給されます。
まあ本当にお小遣いにもならない程度ですが、ないよりはもちろんうれしいので
一応、明細を見てスキップで帰ってきました。

昨日の夜。
「こくまろスペシャル」の段ボールで2001の1本
19800円
のワインが納品されてました。
「かっちーーーーん!!納品センターのやろうドモめ!!」
と思い、すぐに検品。異常なし。ラベルもキレイ。
よしよし、と思ってワインセラーにいれようとして、一応、レジで登録されているか確認。
「ぴーーーっ!エラーです」
とまたむかつき。登録してもらって(すごく面倒)ようやくワインセラーへ。

そんななか、上司のSさんが
「198のワイン、おいしいんですかね」
とか言ってきました。
「198円のワインなんかあるんですか?」
「いえ、だから198・・・・・」(苦笑)
「ああ、1980円ですか。ものによるんではないですか?」
「いやちがくて・・・・今日納品された」
「ああ!!!19800円ですかあ」
なんて会話の後に3種類のヴィンテージ評価をコメント(ワインアドバイザーらしく)。
「そうか・・・ラフィットかあ」(Sさん)
「ムートンはけばいから、あまり好きじゃない気がしますよ」(私)
「マルゴーは・・・だったらパルメのほうがいいかなあ。」(私)
「ラフィットが、一番好きですよ、Sさんは」(私)

そうかあ、ボーナス出たから彼女とのむのかあ、と思いながら
「彼女いるのか・・・?」
という疑問もあり。
しかし、仕事後にSさんはそれを
「飲んでました」。

もちろん、ご相伴させていただきました。
とてもおいしくて、まだ開けるのは早いとも思いましたが
それでもこれから、どんどん熟成していくに十分な素質をびしびし感じました。

長熟ワインを、1年で開けてしまう。
それはなんて贅沢な、しかも罪悪感のある飲み方なんでしょう。
でも、その「ワイン」の成長を楽しみに、いろいろと想像しながら
楽しむのも、若いウチにしかできない特権だったりする。
飲み頃では、過去に思いを馳せることしかできない。

きっと、それはSさんの、自分へのボーナスだったんだろうね。
そんな大切な瞬間に立ち会えて、部下として幸せです。
by muraccho0315 | 2005-07-02 16:40 | プライベート


いろいろな人たちの「夢」の立ち飲み屋にまつわる、困難で、楽しい道のり                 目黒区自由が丘2ー14ー19 2階 03ー3724ー1199 18:00ー02:00 日休


by muraccho0315

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お店のご紹介

フリーターながらも
念願の開業を果たし、さらにしひたすら進んでいる2人+31人の、熱く
すこしほわんとした日誌。

2006.8・22 自由が丘に開業の
「たちのみ あつまり」公式ブログです。

看板やロゴの制作、承ります。

***********
目黒区 自由が丘 
2-14-19 2階
「たちのみ あつまり」

18:00-翌2:00 
03-3724-1199
日休み
muraccho1977@yahoo.co.jp
***********

・知り合いのおむすびやさん。
配達などやってますよ。
おむすび家とんじき            


・・・・・・・・・・・・・・・
かなりためになる、写真も鮮やか、ぎずもさんのブログ。
ワンコイン的食べ歩き生活。

・・・・・・・・・・・・・・・

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル